SITE MENU

これでわかる!金の買取のいろは

これでわかる!金の買取のいろはのmainイメージ

金買取専門店では、さまざまな色へ変化したカラーゴールドのアクセサリーも多く扱われています。

カラーゴールドの魅力

金の価格高騰により、金を扱っている買取業者の多くでは、金の買取に力を入れていることが見受けられます。

もちろん、純金である24Kは、最も価値が高い金であることには違いありませんが、アクセサリーに向いている14Kから22K、そしてさまざまな色へと変化したカラーゴールドが使用されているもののほうが、価格は低くなりますが、買取業者で扱われている数は多いと言えるでしょう。

もともと金は、黄味がかった黄金色をしていますが、銀と銅の含有率を変化させたり、パラジウムなどの合金を混ぜることで、さまざまな色合いに仕上げることが可能となります。

まずは、純金と色が似ているイエローゴールドです。

色の近さから、イエローゴールドは純金と思っている人もいるようですが、18Kの場合なら、75%が金、そして残りの25%に、銅と銀が混ぜられてます。

銅のみが混ぜられると、女性に人気が高いピンクゴールドへと変化し、銅の割合が高くなればなるほど、より赤みが強くなります。

プラチナに近い色合いなのが、ホワイトゴールドで、ダイヤモンドとの相性がいいことから、婚約指輪や結婚指輪の素材に、ホワイトゴールドを選ぶ人も少なくありません。

パラジウム合金や銀を混ぜて、ホワイトゴールドの色へと変化させています。

最後に、あまり耳にしたことがありませんが、青みがかった色が特徴のグリーンゴールドは、銀のみが含まれており、イエローゴールドとホワイトゴールドとの中間的な色に仕上がっています。