SITE MENU

これでわかる!金の買取のいろは

これでわかる!金の買取のいろはのmainイメージ

金の買取価格は、利用する買取店が別途手数料を加算したり、目減り量が適応したりすることで、店舗によって異りをみせています。

慎重に金の買取店を選ぶ

金やプラチナは、毎日、発表される相場によって買取りが行なわれるから、どの買取店へで売却をしても同じと思ってはいませんか。

実際には、同じ重さの金製品でも、店舗によって、異なる買取価格となることが、ほとんどなのです。

ある店舗では、10万円の査定額がついたのに、他の店舗では、6万円前後だったというようなことは、よく耳にします。

このように査定額、買取価格に差が生じるには、いくつかの理由があるようです。

まず、金が使用されているネックレスやピアス等といったアクセサリーを買取ってもらう場合、金自体の重量をもとに査定額が出されていなければなりません。

しかし、ネックレスが切れている、ピアス両方揃っていないといったアクセサリー部分の欠陥を理由にして、査定額を低めに提示してくる金買取店舗もあるので、買取価格が異なる結果となるのです。

もう1つの理由として挙げられるのが、別途手数料が加算されている、または目減り量が適応されていることです。

金の買取価格の決定は、非常にシンプルで、金の重量×1グラムあたりの単価で計算されます。

ですから、利用者でも、予め、その日の金相場をチェックすれば、おおよその買取価格を知ることができます。

買取価格に対して、どれだけのパーセンテージを別途手数料としてチャージするのかは、店舗によって異なるので、ここでも買取価格に差が生じることとなるのです。

そして、目減り量に関しては、買取られた金は、溶かす際に目減りするという理由で、その重量を差し引く買取店もあることから、実際の重量との間に誤差が生まれて、買取価格に影響を及ぼすこととなります。

≪ご参考≫金が本格的に上昇するとき | トウシル 楽天証券の投資情報メディア