SITE MENU

これでわかる!金の買取のいろは

これでわかる!金の買取のいろはのmainイメージ

金のアクセサリーやジュエリーは、純金ではないので、デザイン性や、品物の状態も買取価格に大きく影響します。

金のアクセサリーやジュエリーの買取

純金であるインゴットなどは、その日の金相場で出されている価格に基づいて買取が行なわれますが、金が使用されているアクセサリーやジュエリーとなると、金の価値だけではなく、そのアクセサリーやジュエリーがもつデザイン性や、使用されている宝石なども、買取価格を左右する要因となります。

アクセサリーやジュエリーの場合、買取った後に、売れる商品であるかどうかは、非常に重要なポイントとなります。

デザインが流行にあっているものかどうか、そして、丁寧な仕上がりになっているかどうかなど、装飾品としての価値があることが、高額買取へと繋がります。

純金ではない貴金属は、時間の経過とともに、どうしても劣化していってしまいます。

ですから、正しい保管方法や、お手入れ方法を知っておくことも、後々、買取をしてもらう際に、役に立つことでしょう。

まず、純金は劣化や風化をしないことから、純金に近いほど、美しさを保つことは容易なのですが、金の柔らかい性質が強くなるので、傷がつきやすくなります。

落としたり、ぶつけたりすれば、すぐに傷がついてしまいますから、注意が必要です。

18K、16K,14Kと、純度が下がるにつれて、他の金属が混ざる割合が高くなるので、硬度は増しますが、混ぜられている金属によって劣化や風化の仕方が異なるので、調べておくといいでしょう。

アクセサリーやジュエリーは、純金ではないとはいえ、他の素材と比べると傷がつきやすい繊細な素材です。

汚れを拭き取る際には、柔らかい布を使用して、優しく乾拭きをするようにしましょう。